表面下:孤独を恐れる理由(そして、それを愛する人々に関する5つの事実)

表面下:孤独を恐れる理由(そして、それを愛する人々に関する5つの事実)

体重を減らすことは、いくつでも可能です。おそらくあなたはあなた自身の肌に不快感を覚えます。おそらくあなたは病気の危険にさらされており、それを避けるために健康になる必要があることを知っています。または、見栄えを良くしたいだけかもしれません。

時には、それは、より深い問題、不安、自尊心の低さ、孤独の恐怖などから生じます。


大切なのは、あなたが体重を減らす(そして体重を減らす)ことに成功するためには、健康的な生活への総合的なアプローチを取ることが重要です。それはあなたの体を変えることを意味します。はい-それはまた、そもそもあなたの体重増加につながったより深い問題に対処することを意味します。

「Beneath the Surface」というタイトルの一連のブログ投稿で、体重を増やすことを選択させる感情的および精神的な問題をより深く掘り下げます。

この投稿では、不健康な行動を助長する可能性のある最大の問題の1つである、孤独への恐怖に注目しています。

一人でいるのを恐れる原因は何ですか?

一人であることと孤独であることの間には大きな違いがあります。一人でいるということは、他の人と一緒ではないということです。内向的な人のような多くの人々にとって、ここは避難所であり、バッテリーを充電して平和を見つける場所です。

他の人にとっては、トラウマ、悲嘆、見捨てられた、または喪失を経験し、一人でいる人々は、恐怖、不快感、不安、または抑うつを引き起こす場所です。

一人でいるのが好きではない理由を理解するには、根本的な原因を検討することから始めます。それが何であるか、具体的には、一人でいることを嫌う原因は何なのかを自問してください。

それを理解し、それらの事実に直面したら、それらに対処するための措置を講じることができます。それらに対処したら、ポジティブなものとして単独時間を受け入れる方法を学ぶことで前進することができます。

時には、何かを愛することを学ぶ最良の方法は、すでにそれを理解している他の人に目を向けることです。


ここに一人でいるのが好きな人についての5つの事実があります:

1)彼らは自分たちだけで十分であることを知っています。

あなたには価値があります。繰り返しますが、あなたには価値があります。あなたは毎日、この世界に多くの多くの方法で貢献しています。貴方は大切な人です。あなたは重要です。そして、ここにあります、あなたはそれを検証するために他の誰かを必要としません。自分の自己価値を認識し、それを評価することは、一人で時間を楽しむための最初のステップです。

2)彼らは静かに感謝します。または、少なくとも試してみてください。

沈黙とあなたの思考との孤独は否定的である必要はありません。次に一人でいるときは、テレビ、デバイス、その他のノイズメーカーとなるものをすべてオフにして、あなたの周りの世界を聞いてください。あなたの考えが怖い?それらに直面することは、その恐怖を克服するための最初のステップです。

3)話をするよりも観察し、耳を傾け、注意を向ける。

出発点としては、公園、ショッピングモール、食料品店に行くのが良いでしょう。彼らが彼らのビジネスについて行くとき、座って、人々を見てください。既に慣れ親しんでいる日常の状況を新しい方法で見てください。誰も見ていないと思ったときに人々がどのように行動するかを見ると、より深く彼らと(そしてあなた自身)とつながることができます。

4)時間をかけて生産的になります。

周りに他の人がいることは素晴らしいことですが、気が散ることもあります。一人でいると、物事を成し遂げるための時間が与えられます。延期してきたもののチェックリストを作成します。一人でいることに気づいたら、そのリストをつかんでチェックを始めましょう。最後に、あなたは達成感を感じるでしょう。

5)彼らは単独の冒険を計画しています(そして彼らを愛しています)。

自分で遠くの場所に旅行するのは恐ろしいかもしれません。実際、驚くべきことです。自分の視点から、景色、文化、体験をすべて自分で取り入れることができます。そのように考えれば、さらに豊かになります。それを試してみてください。あなたは喜んで驚かれることでしょう。

最終的に、一人でいるということは、孤独であることを意味する必要はありません。独りでいることは、自己反省し、自分の言葉で人生を楽しむための前向きな時間になる可能性があります(そうすべきです)。恐れることではありません。それは受け入れるべきものです。

一人でいるのが好きな理由は何ですか?以下のコメントで共有してください!

より良い生活のために重要な情報を共有したいブロガーとして、自己紹介します。

これを共有

関連記事